ニードル脱毛のメリットとデメリット!やっぱり痛い?!

いまや光脱毛とレーザー脱毛などが主流となっていますが、
「ニードル脱毛(別名 針脱毛)」というものをご存知でしょうか?

 

このニードル脱毛というのは実は長い歴史のある脱毛方法となっています。
今回はその針脱毛について紹介していきたいと思います。

 

そもそもニードル脱毛ってなに!?
実際ニードル脱毛なんて初めて聞いた!という方が大半だと思います。
そもそもニードル脱毛とはどんなものかといいますと、そ
のまんまではありますが針を使用した脱毛方法となります。
毛穴1つ1つに電流を流すことで毛の元である毛乳頭と毛母細胞を破壊します。

 

そうすることで毛の再生する力を阻止する脱毛方法となっており、
なんと130年以上もの歴史があるのだそうです。

 

 

ニードル脱毛の仕組みは?脱毛方法について!

 

ニードル脱毛のやり方としてはまず毛を少し残した状態で施術を始めます。
なぜかといいますと毛の生えている状態が見えることで正確に針を刺すことができるからです。
針を刺すことができたら電流を流します。

 

そして電流の熱によって毛根にダメージを与えていきます。

 

1回の電流を流す時間は十数秒となっています。
針は1つの毛穴に対して1本使用し、全て使い捨てとなっており、
新しい毛穴に新しい針を刺しては電流を流していくという繰り返し作業です。

 

ちなみにニードル脱毛を行うエスティシャンは全員資格を持っているので、
扱うものが針ということで怖いかもしれませんが安心して良さそうです。

 

 

ニードル脱毛のメリット

 

あまり聞かないニードル脱毛ですが、実施している方というのは意外と多いとのこと。
一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

いろいろと聞いてみたところ、なんとニードル脱毛は、「毛周期」と関係なく脱毛ができるようです。
ちなみに毛周期というのは脱毛においてはとても密接に関係しているもので、
簡単に言ってしまえば「効果の出る脱毛(施術)のタイミング」のことを言います。

 

これが大体2ヵ月〜3か月に1回なのですが、つまりニードル脱毛はいつ施術しても効果がでるということになります。

 

ニードル脱毛は、光脱毛とレーザー脱毛とは違い、肌の表面から毛が出ていることのみが効果の出る条件となっているそうです。

 

また、通常ですと脱毛の施術というのは日焼けした状態の肌に対して行うことができません。

 

なぜかといいますと色素沈着した肌に照射した場合、火傷する可能性が高いからです。
しかしニードル脱毛の場合は毛穴に対して直接処理するため
日焼けした肌ではもちろん、産毛や白髪にも有効です。

 

通常の脱毛の場合だと反応しない毛の種類(白髪や産毛)にも反応するので、
本当にすべすべな肌を手に入れることが可能となっています。

 

 

ニードル脱毛のデメリットはとにかく痛い!
次にニードル脱毛のデメリットを紹介しようと思うのですが、まさに題名の通り
ニードル脱毛はとても痛いということで有名です。

 

こちらですが正確に言うと毛穴に針を差し込むよりも、
電流を流すときの痛みの方が大きいようです。

 

そして電流の回数がとても多く、それに耐えるのはなかなかの忍耐力が必要です。
こういった点はニードル脱毛のデメリットと言って良いでしょう。

 

麻酔を使うという手もありますが、麻酔は医療機関のみで使用が許可されています。

 

多くの場合はサロンで行うことになると思いますので、
痛みに関しては我慢するしかないといったところでしょう。

 

もう1つのデメリットですが、これはニードル脱毛以外すべての脱毛に言えることですが、
施術者によって脱毛の効果が少し変わってくるということです。

 

ニードル脱毛というのは特に技術面が強く関わってくるので、
担当者の経験や実績をしっかり理解した上で自分が安心して施術を受けられる担当者を見つけましょう。

 

 

気になるニードル脱毛の価格帯!

 

みなさん最も気になるであろうニードル脱毛の価格帯は、果たしてどのくいになるのでしょうか。

 

ワキ脱毛を例にしてみましょう。

 

全く脱毛したことのない状態から、完全に脱毛し終えるまでだとしたら、
ワキ脱毛の場合は大体250000円ほどとなります。

 

もちろんサロンやクリニックによって料金は大きく異なってきます。

 

毛の量によって少し安くなったり高くなったりはするものの、やはり安い買い物ではなさそうです。

 

しっかりと自分の財布と相談して、最後までできるかどうか計画性をもって契約しましょう。

 

お金が無くなって最後まで施術ができないというのが、一番中途半端で嫌な思いをすることでしょう。
ただし、ニードル脱毛は施術の際に血液検査を行い感染症などの病気がないか調査したり、
針自体も購入する必要があるのと、ちゃんと資格を持ったエステティシャンでないと
施術できないというところまで考えると、打倒な金額なのかもしれません。